これまでのコメント

Top

Halloween Parade / Halloween theater Oct. 31,2018
「本日はPTCハロウィーンに参加させて頂き、有難うございました。大きい子たちが話すショートストーリーはとても心がこもっていたおかげで私も心から笑わせて頂きました。小さいクラスの子供たちは覚えたセリフを一生懸命言っていて、「まだ小さいのに、こんなことが出来てしまうなんて!」と感心致しました。小さくても学んでいけばできるものなんですね。いつも色々な教えを戴き、有難うございます。これからの子供たちの成長を楽しみにしています。」Oct. 31, 2018 記



PTC Sports Day 2018
素晴らしい青空になりました。運動会日和です。プログラムに沿って次々行うゲーム本当に面白かった。主役の園児、お父さん、お母さん、園児たちの兄弟、それぞれに思いっ切り、力を出していました。今回も失敗が一つ「線引きの粉」がなくて代用で済ませました。これも一つの思い出です。保護者から感想文を戴きました。
「子どもが力いっぱい頑張る姿に、一緒に競技に参加する親も自然と「よし頑張ろうと!」と思えました。PTCの運動会は親子で頑張り、絆を深められる一日だと改めて実感いたしました。」その通りです。
PTCのすべての行事の裏にある「目的」「目標」「ねらい」「物事の道理」「親・子の心の成長変化」等々。たくさんの意味があり、習得してもらうことに意識を向けています。保護者の感想文で、行事の内なる意味に気付いて戴いたと嬉しくおもいました。ただ面白く参加されるもよし、「気づき」を意識して行動したら、さらなる「気づき」が表れ、意味ある人生、価値ある時間を大切にし、全てのことが愛おしく、感謝することにつながります。年老いて「感謝すること」に気付くのでなく、幼児期からその意識を持ってほしいと願っています。 Oct. 28th, 2018記



Sweet-potato Digging:
気持ちのいい秋晴れの元、楽しい、楽しい芋掘り遠足でした。
予定日が雨で順延し、今日は、素晴らしいお天気で、園児の
晴れ晴れとした歌声がバスの中で響きわたりました。
土から顔を出す赤紫の芋は、土の栄養をたっぷり吸収して、
大きく成長していた。それを手に取り、自慢げに持ち上げた
園児たちは誇らしげだった。
落花生も地面から引き抜き、根に着いた落花生を一つずつ
取って懸命に働いた園児たちは、今年の実りの秋の収穫を
多いに体験した。
ランチ後の丘滑りもドキドキの恐い体験で自然を相手にする
遊びが最高に面白いと思ったことでしょう。
Sept. 28, 2018




インターナショナルスクールに入って約2年間で、英語もドイツ語もネイティブのクラスで学んでいました。
帰国後、3週間で英語の独り言や英語で話す遊びをしなくなり、PTCに通うまでの約2ヶ月間で、英語を聴く方も落ちておりました。PTC入園し、最初の週は娘曰く、「Yoko先生の話が難しかった。」と言っておりましたが、日に日に以前の英語を取り戻して、今では、以前と同じように英語で一人遊びをしております。いくつかのインターを見学や体験をしましたが、帰国の子とは思えないほど英語力が低い子達がいましたので、我が子も同じように、インターに入れても完全には取り戻せないという不安がありました。しかし、PTCでは入園してから、そんな心配は全くなく、Yoko先生に感謝の気持ちでいっぱいです。From:  Mrs.Takada    June 10, 2013